大人気のGroup Workoutは中津市の井上小児科医院様で開催されます。
お問い合わせは担当の大久保までお願い致します。

080-4314-2174 871-0027 大分県中津市上宮永13−4 Mon - Sunday 10.00 - 20.00
Follow Us

2012

契約チーム、全国大会前の宮崎遠征に同行して来ました。 一日目 0-2 米子北(鳥取代表) 二日目 2-1 東海大仰星(大阪代表) 三日目 0-3 香川西(香川代表) 各県の選手権出場代表校と対戦し、現状を確認しました。 通用する部分、改善が必要な部分が分析でき、有意義な遠征となりました。

小倉競輪祭にクリアを使用した選手のケアブースのお手伝いへ行って来ました。 一般の方では入ることの出来ない場所に入り、ケアをして来ました。 小倉競輪祭は日本トップクラス(S1、S2)選手のみ参加可能な大会で緊張感溢れる裏側を見る事も出来ました。

大分県杵築市で行われたJCCA(日本コアコンディショニング協会)主催の体幹セミナーに参加して来ました。 ストレッチポールを使用した、インナーマッスルを効果的にトレーニングを行うものでした。 知っていた内容でしたが、ちょっとした発見もあり有意義な時間となりました。

11/12~13の二日間、鹿児島県指宿市のケイユウスポーツクラブにてCLEAR体感会を実施して来ました。 病院併設のスポーツクラブで、痛みを抱える方も多く、クリアを使用して施術をしていくと痛みの軽減や可動域の改善が見られ、笑顔が増えました。 クリアシールでバランス矯正を行い、体が整った状態で眠ることで体の歪みを整え、体の機能が工場します。 体感した方の笑顔が最高でした♪

11/11、決勝 14時05分キックオフ 中津東4-0雄城台 ノーシードから準決勝まで1失点の手堅い守備で勝ち上がってきた雄城台との決勝戦でした。 試合は、プラン通り進み、前半14分に準決勝でも先制点を決めている背番号6赤岩 郁弥が、背番号1 GK野添 良太のロングフィードを背番号14大久保 省吾が落としたボールに反応し決勝でも決定力の高さを見せつけ先制点を決めました。 前半1-0リードで折り返し、後半6分に背番号14大久保 省吾、後半開始から交代で入った背番号10山本 卓斗が後半18分に追加点、その1分後に後半11分に交代で入った背番号11中島 大輔がダメ押しとなる4点目を決めました。 相手をシュート1本に封じ込めるDF陣の活躍もあり、優勝することが出来ました! チームが一つになり、成熟しつつあるチームは全国大会までに更に成長していくことと思います! また一ヵ月半、良い準備が出来るよう、しっかりサポートします!

11/3、準決勝 10時キックオフ 中津東2-0柳ヶ浦 相手は隣町の私立、柳ヶ浦高校で新人戦優勝チームでした。 試合は、相手が放り込むボールをクリアしセカンドボールを拾ってからパスを回しながら崩していく中津東が押し込む時間の方が多く内容的にも良い試合となりました。 前半0-0で後半に背番号7畝本 諭と背番号6赤岩 郁弥が得点し2-0でリード、少ないピンチも背番号1 守護神 野添 良太がしっかり反応し防ぎ無失点で終えました。 試合終了後の写真撮影では三年間でたくましくなった選手の顔に成長を感じました。 決勝は11/11 大銀ドーム 14:05キックオフです。盛大な応援を宜しくお願い致します。 また1週間で良い準備が出来るよう、しっかりサポートします!

ジュニアスポーツに参加して頂いている小学校6年生のサッカー選手が、JFAアカデミー宇城校に合格しました! おめでとうございます! まだ身体は小さいですが、身体の感覚が良い選手でしっかりとした技術も持ち合わせています。 今後が益々楽しみな選手です! JFAアカデミーに行くまでの間に出来ること、やっておいた方が良いことをしっかり行いもっともっと成長出来るようサポートします!

27日、準々決勝 中津東3-2大分西 去年の選手権、今年の高校総体で敗れた大分西との対戦でした。 相手のキックオフで始まった試合ですが、立ち上り10秒で連携ミスからあわや失点という場面を招きました。 何とか防ぎ、良い意味でチームが引き締まる立ち上りでした。 徐々にリズムを掴み押し込む場面が増えてきた前半15分右サイドで相手DF3人を剥がし、ボランチを経由し左サイドへ展開。 そのボールを受けた背番号17松原 翼が相手DF4人に囲まれるも巧い切り返しで剥がしガラ空きになった中央へ折り返し、背番号9赤岩 郁弥へ送る。 ボールを受けた赤岩が詰めて来たDFを横に交わしながらシュートを決め貴重な先制点を良い時間帯で取ることが出来ました。 前半はこの1点のみ。後半立ち上がり2分に電光石火の追加点を背番号9福井 智也が奪い、その2分後には右サイドから展開されてきたボールを背番号17松原 翼が絶妙の切り返しで相手DFを交わしダメ押しの3点目を決めました。 しかし、3回戦を0-3から4-3の大逆転で勝ち上がって来た大分西の攻撃の歯車が合い始めピンチを招く。 そんな中、後半18分に不可解な判定からPKを取られるも相手が失敗し命拾いをする。(選手談:相手選手に全く触れていない) 更に、後半23分にペナルティエリアの外で倒したファウルをまたもやPKの判定を取られ決められ1点を返されました。 大逆転で勝ち上がって来た相手なだけにこうなると勢いがつきます。 更に劣勢は続きます。前のプレーでイエローを貰った選手が攻撃時に相手とのボールの奪い合いでファウルを取られ、またしても不可解なイエローを受け、2枚目で退場となり10人での戦いとなりました。 ロスタイムを含めると10分以上を残す苦しい展開も、選手がそれぞれの役割をしっかりと果たしました。 カウンターから2度のチャンスを作るも決めれませんでしたが、しっかり守り逃げ切ることが出来ました。 過去にないスリリングな試合展開となりましたが無事に準決勝へ進出することが出来ました。 準決勝は11/3、県北のライバルチームで私立の柳ヶ浦高校です。 また1週間、良い準備を出来るようサポートします。 素晴らしい選手達のサポート、そしてコーチ陣、保護者と戦えることに感謝し全力を尽くし「目標」の実現に少しでも力になれるようお手伝いします!

先日、佐世保競輪で行われた九州地区プロ大会にトレーナーとして参加させて頂きました。 去年、久留米競輪でケアをさせて頂いた藤田 剣次本部長とも再会し、覚えて下さってくれたことに感動しました♪ また、競輪で有名な佐々木 昭彦氏ともお会いさせて頂き色々とお話しを伺うことが出来、非常に有意義な時間となりました! 大分県の自転車競技など、トレーニング指導をしてみたくなりました。